【情報漏洩のリスクを回避】メール誤送信を防ぐ方法とは?

カレンダー

スケジュールの共有化

グループスケジュールアプリは、社員間でのスケジュールを共有し相互に行動予定を把握するためのアプリである。導入することで、他メンバの行動予定が把握しやすくなったり、会議でのメンバ間のスケジュール調整がしやすくなったりする。

メニュー

男女

会社によってやり方は違う

面接のシステムは一昔前に比べるとかなり変わってきています。また、会社によっても異なっており、便利なシステムを導入することが何よりも大事です。他の会社に協力をしてもらって動画システムを取り入れるといった方法もあります。

Eメール

メール利用とそのリスク

メールは広く利用されているツールであるが、メール誤送信するリスクがある。メール誤送信を防ぐためには、対策ツールの導入が欠かせない。対策ツールでは、送信前にセルフチェックさせたり、管理者の承認後に送信できるツールなどがある。

カレンダー

サービス利用のメリット

グループスケジュールサービスを利用する際には、どんな利点があるのかを把握しておくことが大事です。利点は、それぞれのサービスによって大きく違うということから、まずはよく調べてから選択しましょう。

テレビ電話

いつでもテレビ電話で選考

採用面接の手法の一つで、テレビ電話を使った方法が注目されており、外資系企業を中心に導入が進んでいます。新たなシステムを使う事で、選考スピードを速め、人材獲得が難しい現代において、早い採用が実現出来るでしょう。

宛先確認の意識付け

メール

社内情報漏洩を防ぐために

社内になくてはならないツール現代はインターネットが普及しているため、連絡を取る手段としてメールは必需品となります。口頭で伝えられる内容は、電話で済むものの、文書資料などをデータで送信できるところがメールの優れているところです。そのため、名刺にも連絡先としてメールアドレスが必ず記載されている時代です。メール使用時の注意メールは便利ですが、その反面危険も潜んでいます。メール誤送信により、送信する相手を間違えてしまい、社内情報を漏洩してしまうことです。また、知らないアドレスからウイルスが送信され、メールを開いてしまうことにより感染するおそれもあります。見たことないような不審なアドレスは安易に開かないことが大事です。メール誤送信の防止についてメール誤送信防止をするには、送信前にダブルチェックをする方法があります。それは、まず送信する前に自分で宛先を見て、他の人にも宛先を見てもらいダブルでチェックを行ってメール誤送信防止をすることです。そもそもメール誤送信が起こる理由は、メール送信機能を繰り返し利用するため、うっかり宛先の確認漏れを起こしてしまうところにあります。よって、繰り返し行う行為の中に、確認の意識付けとなるダブルチェックをするところに効果があります。しかし、ダブルチェックは、社内に自分しかいない場合はできません。よって、自分しかいない場合は、宛先はメールの本文を打ち込んだ後に、決定することでメール誤送信を防ぐこともできます。また、メールの返信機能を使わないことで、宛先を必ず選ぶ必要があり、確認の意識付けにもなります。

Copyright© 2018 【情報漏洩のリスクを回避】メール誤送信を防ぐ方法とは? All Rights Reserved.