【情報漏洩のリスクを回避】メール誤送信を防ぐ方法とは?

メニュー

会社によってやり方は違う

男女

便利な方法を活用しよう

面接のシステムは会社によって違ってきます。一般的には人事部が募集をかけ、書類審査を行い、面接の日程を組むというような流れになっているものです。ところが、最近はこの手間を省くために、もっと簡単にできる面接のシステムを導入する会社が増えてきていると言われています。例えば、メール機能を使って応募者たちに連絡をするといったシステムを導入する会社も増えてきているのです。これなら、わざわざ合否結果を一人一人に電話をかける手間を省くことができます。メールなら文章も定型文を作っておき、後は送信先を変えるだけでとても楽です。また、面接のシステムを専門的に作っている会社もあります。そのような会社と契約をして、便利なシステムを導入するのもいいかもしれません。いずれにしても業務をスムーズに行えるようにすることで、面接だけに時間を取られることもなくなるようにしましょう。そうすれば、他の業務時間も作ることができます。特に大企業ほど、このような便利なシステムを導入した方がいいかもしれません。毎年、新卒者を多数、採用しているのなら、面接までの流れも相当時間がかかることでしょう。書類審査をするだけでもかなりの時間を取られることになるので、面接くらいはもっと楽にできるようにしておいた方がいいかもしれません。例えば、遠方の人でも手軽に面接ができるように動画面接を設けるといった工夫がお勧めです。これならわざわざ本社まで来てもらう手間が省けます。

Copyright© 2018 【情報漏洩のリスクを回避】メール誤送信を防ぐ方法とは? All Rights Reserved.